あかぎれの痛み

冬になると、どんなに努力をしても避けられないのがあかぎれです。

もともと乾燥肌なことも原因の一つかも知れませんが、とにかく指の節々が見事にパックリ割れてしまいます。

あかぎれは見た目からはわからない強烈な痛みを伴います。

こんなに小さい傷なのに、痛みは強烈なのです。

すべての指があかぎれになってしまった時、さすがに病院へ行きました。

でも処方された薬も速効性はなく、結局絆創膏を指にぐるぐる巻きにして傷が塞がるのを待つ他ありません。

このようにあかぎれのに悩まされるようになったのは、結婚をして家事をするようになったことからです。

ゴム手袋をしてもやはり切れてしまうので、シーズンを乗りきるしかないようです。

今日もしっかりワセリンをぬって家事をしたいと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。