日本を含む各国の平均寿命の考察

日本の平均寿命は世界でトップクラスの数値を出しているが、近年は香港の平均寿命が魅力だ。

日本は戦前は40代の平均寿命が当たり前でしたが、最近は100歳を超えて生きる人が多い。

長寿になった要因は、生活の環境の良化や医療技術の進化であると言われています。


各国でも生活に快適な環境の中で生活できるようになって、長く生きられる事は幸せだ。

日本で生活を営んだ場合は、80歳から90歳までの範囲で寿命を向かえる人が多い。

平均寿命が80歳であっても、必ずしも全員が80歳を超えて生きられる訳ではない。


癌や事故などの予期せぬ出来事で、30代から40代に掛けて寿命を迎える人も多い。

平均寿命は着実に延びているが、寿命の数値を気にしないで前向きに生きる事が大切だ。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。