ハイキングの中にも新たに美味しい発見が

つい3日前まで夏の様な暑さが続いたかと思えば、鬱陶しい位どんよりとした冷たい秋雨の連続。着る物もクルクルと変わり、まさに季節の変わり目と言ったところ。体調管理も大変です。

そんな中でも最後の夏らしい日和を活かし、先週の土曜に鎌倉の低山にハイキングに出掛け、思い切り楽しめたのが良い思い出となりました。

ちょっと木々は色褪せ始めてはいたものの、まだまだ緑と土の良い香りは健在、良く見れば、道中に点々と生えているコナラの幹にはまだ細々と樹液が滴っており、その中にまだ樹液を吸うコクワガタの姿も発見する事が出来ました。

住宅に近いロケーションには里山らしくクヌギの大木が固まっているエリアもあり、その周囲の地面から腐葉土の良い香りが漂ってくるスポットも。

今年から国産カブトのブリードを始めた私にとって、アウトブリードの血が得られる美味しいスポットがまた一つ増えた事になります。ちょっと来年の夏が楽しみになってきました。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。